WordPressのテーマ「Cocoon」をインストールする手順

エックスサーバーのレンタルサーバーを契約し、サーバーに WordPress (ワードプレス) をインストールしました。

「WordPress(ワードプレス)」を使用する事で、ブログやサイトを簡単に作ることができます。

今回、無料配布されている WordPress テーマ「Cocoon(コクーン)」をインストールしましたので手順を書いていきます。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

WordPress に「テーマ」を適用すると、ブログやサイトのデザインや構成、機能などを充実させる事ができます。

ここでは エックスサーバー に WordPress を設置した事を前提に説明していますが、インストールの手順は大体同じです。

以下の記事も参照して下さい。

エックスサーバーを無料で10日間お試し→ 新規契約するまでの手順
エックスサーバーを無料で10日間お試し→ 新規契約するまでの手順を説明しています。レンタルサーバーを比較検討している方は参考にして下さい。エックスサーバーには10日間の無料お試し期間があります。まずは契約してお試しだけでも大丈夫です。お試し~本契約への流れも詳しく解説しています。
エックスサーバーの無料独自ドメインを取得→独自ドメインの設定方法
エックスサーバーで独自ドメインを設定する方法について説明しています。ここではエックスサーバーの「無料独自ドメインキャンペーン」で取得したドメインを設定しています。キャンペーンドメイン取得後は「エックスドメイン」で取得した独自ドメインをエックスサーバーに設定する場合と同じ手順です。
エックスサーバーでWordPressを「簡単インストール」する
エックスサーバーにはWordPress(ワードプレス)を簡単にインストールできる「簡単インストール」という機能があります。 「簡単インストール」を利用して WordPress をインストールする手順を詳しく紹介します。WordPressを使えばブログやサイトが簡単に構築できます。

エックスサーバー では、2020年 4月 30日(木)18 : 00 まで 独自ドメインプレゼントキャンペーン を開催中です。

キャンペーン期間中にサーバーアカウントを契約すると、独自ドメインを無料で1つ貰えて、さらに更新料金も無料になります。

エックスサーバーを利用している間は独自ドメインがずっと無料で利用出来ますので、とてもお得なキャンペーンです。

WordPressにCocoonをインストールする方法

基本的には Cocoon のインストール手順に書いてある通りです。
Cocoonテーマのダウンロード | Cocoon
Cocoonテーマをインストールする方法 | Cocoon

Cocoon推奨の PHP バージョンは「7以上」との事なので、まずは php のバージョンを確認します。

エックスサーバーで PHP バージョンを確認する方法

エックスサーバー のトップページから[ログイン]>[サーバーパネル]にログインします。

Xserverアカウント(旧インフォパネル)ログイン画面の「ご契約一覧」>「サーバー」の[サーバー管理]からもログインできます。

ログイン画面から「PHP」の[PHP Ver.切替]をクリックするとドメイン選択画面が表示されます。対象のドメイン名の[選択する]をクリックすると 現在のバージョンの確認や切替をする事ができます 。

私は「PHP7.2.6」と表示されてましたのでそのままにしました。

PHPのバージョンを7以上に設定する事で、Cocoonをインストールする下準備が整います。

ちなみに Cocoon の非推奨サーバに エックスドメイン と記載がありますが、これは「エックスドメインのサーバー」を差しています。エックスサーバーにインストールするのは問題有りません。

実際に私は今のところ問題なく使えています。ついでに言いますと後日エックスドメインで新規ドメインを取得してCocoonをインストールしましたがこちらも大丈夫でした。ややこしいですね。

Cocoonの親テーマと子テーマをダウンロードします

Cocoonのダウンロードページ にて利用規約を確認の上、「親テーマ」と「子テーマ」を両方ダウンロードしましょう。

ダウンロードした親テーマと子テーマを WordPress にアップロードします

WordPress のダッシュボード(管理画面)から 親テーマ と 子テーマ を両方追加(アップロード)しましょう。

「zip 形式」でアップロードしましょう。

ダウンロードしたら zip じゃない(既に解凍されたファイル形式になっている) という場合は、「右クリックで圧縮」してからアップロードしましょう。

Mac からダウンロードした時には zip 形式でダウンロードされませんでしたので、圧縮してからアップロードしました。

以下の流れで進めていきます。

ダッシュボード(管理画面)から「外観」>[テーマ]>[新規追加

「テーマの追加」から [テーマのアップロード] >[ファイルを選択]親テーマを選択して[今すぐインストール]→ 親テーマのインストール完了。


引き続き子テーマをインストールします。
外観」>[テーマ]>[新規追加

「テーマの追加」から [テーマのアップロード] >[ファイルを選択]子テーマを選択して[今すぐインストール]→ 子テーマのインストール完了。

これで親テーマと子テーマ両方のインストールは完了です。

(重要)「子テーマ」を有効化する

Cocoon の「親テーマ」と「子テーマ」を WordPress にインストールした後は、子テーマを有効化しましょう。

子テーマのインストール後に表示される[有効化]をクリック、またはダッシュボード(管理画面)の「外観」>[テーマ]から「 Cocoon Child 」 を選択して[有効化]をクリックします。

有効化されると「新しいテーマを有効化しました」と表示されます。

なぜ親テーマと子テーマを両方アップロードするのか、なぜ子テーマを有効化するのか、という事に関して最初は分からなくてもこの作業はきっちり行って下さい。

後々理解する事ができますし、きっとお役に立ちます。

スポンサーリンク

おわりに

WordPressの無料テーマ「Simplicity」が以前からずっと気になっていて、次に機会があれば是非使ってみたいとずっと思っていました。

その機会が出来たのですが、Simplicity後継テーマの「Cocoon」がリリースされていましたので、今回はこちらを使用させていただくことにしました。

操作に関しては現在も試行錯誤中ですが、とても楽しく作業しています。
Cocoon はものすごく親切な設計のWordPressテーマです。ここまで多機能なのに無料テーマである事が本当にありがたいです。

エックスサーバー では、2020年 4月 30日(木)18 : 00 まで 独自ドメインプレゼントキャンペーン を開催中です。

キャンペーン期間中にサーバーアカウントを契約すると、独自ドメインを無料で1つ貰えて、さらに更新料金も無料になります。

エックスサーバーを利用している間は独自ドメインがずっと無料で利用出来ますので、とてもお得なキャンペーンです。

次はWordPressの初期設定をしていきます。↓

WordPressインストール後の設定。最低限行うべき5つの項目
レンタルサーバーにWordPress(ワードプレス)をインストールしたら、記事を投稿する前にWordPressのダッシュボードから5つの設定を済ませておきましょう。この記事ではエックスサーバーでWordPressをインストールした直後に行っておくべき設定項目についてお伝えします。